沿革

history

昭和50年5月22日 北海道綜合警備保障株式会社を設立
昭和51年4月 釧路事務所開設。
昭和51年10月 名寄事務所開設。
昭和51年11月 北見事務所開設。
昭和51年12月 帯広事務所開設。
昭和52年3月 留萌事務所開設。
昭和53年5月 網走事務所開設
昭和54年6月 旭川道央事務所開設。
昭和54年10月 中標津事務所開設。
昭和57年6月 北海道博覧会会場の大型臨時警備を実施。
昭和58年3月 警備業法改正を伴う認定申請により、北海道公安委員会から第1号認定証を受ける。
昭和60年5月 創立10週年。(社員総数280人)
昭和60年12月 紋別事務所開設。
昭和61年2月 第1回冬季アジア競技大会選手村警備を実施。
昭和61年6月 ‘86さっぽろ花と緑の博覧会会場の大型警備を実施。
昭和63年6月 ‘88世界・食の祭典会場警備を実施。
平成元年9月 第44回国民体育大会(はまなす国体)警備を実施。
平成2年3月 第2回冬季アジア競技大会選手村警備を実施。
平成2年8月 ‘90北海道マラソン警備を実施。
平成3年2月 ‘91FISワールドカップ富良野会場警備を実施。
平成3年2月 ‘91札幌ユニバーシアード冬季大会富良野選手村および富良野会場警備を実施。
平成3年8月 釧路・帯広・北見・道央の4事務所の名称を「営業所」に改称。
平成4年7月 みどりいむ’92帯広会場の大型臨時警備を実施。
平成6年7月 ‘94全日本レディーストライアスロン洞爺湖選手権大会警備を実施。
平成7年5月 創立20周年。(社員総数350人)
平成7年10月 札幌営業所開設。
平成8年6月 富良野事務所開設。
平成8年8月 帯広営業所を「支社」に改称。
平成9年2月 札幌営業所を「支社」に改称。
平成9年6月 稚内事務所開設。
平成10年10月 帯広に自社ビルを新築。
平成12年8月 釧路に自社ビルを取得。
平成15年3月 札幌JRタワー警備を開始。
平成15年8月 第17回日本海オロロントライアスロン国際大会警備を実施。
平成17年4月 釧路・北見・道央の各営業所を「支社」に改称。
平成17年4月 中標津・網走・紋別・留萌・名寄・富良野の各事務所を「営業所」に改称。
平成17年4月 稚内事務所を「営業所」に改称。
平成17年4月 北見に自社ビルを取得。
平成17年5月 創立30周年。(社員総数400人)
平成20年7月 北海道洞爺湖サミット警備を実施。
平成24年4月 道央支社を道北支社に名称変更。
平成27年4月 苫小牧営業所開設。
平成27年5月 創立40周年。(社員総数420人)
平成27年7月 会社名称をALSOK北海道株式会社へ改称。

会社案内

Contact

お問い合わせ

商品・サービスに関する
お問い合わせや資料請求など
お気軽にお問い合わせください。